東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

来館者の声をご紹介いたします。

カテゴリ:[来館者の声]

いつもご来館ありがとうございます。
今年初めからの来館された皆様方のお声をご紹介させていただきます。

2019年1月13日(日)

・ようやくこれました。 昔を思い出します。かわいかった。

・念願のきいちのぬりえに出会えて本当にうれしいです。最高で~す。 59才 女性

・このはくぶつかんにきてほんとうにうれしいです。わたしはさいたまにすんでいるので
 なかなかこれません。なのですこしでもいいのでまたここにきたいです。

1月26日(日)
・ぬりえは時代を反映するものだとつくづく思いました。例えば私は普段着物に触れないのでどう塗ったらよいか迷うのです。きいちさんのぬり絵は「細かいタッチ」と「子どもでもぬりやすいこと」が両立していいなと思いました。20代女性

・「ぬりえコンテスト」を観にきました。すばらしい作品ばかりで、今後の参考になりました。また、ゆっくり遊びにきたいです。 60代 女性

2月10日(土)
・ぬりえコンテストの作品は、それぞれの思いが自由に表現されていて、とても楽しく感動します。自分もこんな風に塗れたらと思いをめぐらすのも楽しいです。 70代 女性


2月11日(日)
・友人から教えてもらって来ました。沢山のぬりえが見られてぬりえもできて楽しかったです。

Posted: Nurie : 19年05月19日 | | コメント (0)



5月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

今年の5月は10連休と長いお休みになりました。5月1日は即位の日です。5月は新しいことを始めるのに相応しい季節なのでしょう。お祝い申し上げます。

ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものや テーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。



タイトル:かわいいおひめさま しんでれら
作  者:きいち
年  代:昭和30年代

5月のエントランスは、「美しいお姫さま」をテーマにしたぬりえを展示しています。

お姫さまやプリンセスは、いつの時代にも女の子の憧れの的ですね。
お姫さま映画といえばディズニーですが、ディズニーで作られたお姫さまの映画は、白雪姫、シンデレラ、「眠れる森の美女」のオーロラ姫、「リトル・マーメイド」のアリエル、「美女と野獣」のベル、「アラジン」のジャスミン、「ポカホンタス」のポカホンタス、中国の伝説「ムーラン」のファ・ムーラン、かえるになったプリンセスの「プリンセスと魔法のキス」のティアナ、「塔の上のランプンツエル」のランプンツエル、「メリダとおそろしの森」のメリダ、「ふしぎの国のアリス」のアリス、「魔法にかけられて」のジゼル、そしてお馴染み「アナと雪の女王」のエルサとアナと続きます。

Posted: Nurie : 19年05月04日 | | コメント (0)



GW中の開館日のご案内

カテゴリ:[トピックス]

GW中も開館日は、土曜日、日曜日のみですので、4月27日(土)、28日(日)、5月4日(土)並びに5日(日)の開館となります。ご来館おまちしています。

Posted: Nurie : 19年04月27日 | | コメント (0)



ケーブルテレビ放送のご案内

カテゴリ:[お知らせ]

荒川区、文京区、千代田区のケーブルテレビをご覧の皆さま、下記日程でぬりえ美術館、「きいち生誕105年企画展」がご紹介されますので、是非ご覧ください。
3月18日月曜日~24日日曜日 放送
●番組名 地域情報コミュニティ番組「あらまるNEXT」 29分番組
放送日時 毎週月曜日~日曜日 ※1週間同じ内容を放送しております。
 11ch 6:00~  8:30~ 13:30~
(10ch 11:30~ 14:30~ 22:30~)

Posted: Nurie : 19年03月15日 | | コメント (0)



3月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

今年はきいちの生誕105年に当たります。これにちなみまして、「きいち千夜一夜」と題しまして、きいちについてご紹介いたします。


独身時代、洋服屋や本屋のツケはすべて兄が払ってくれていた。”お洒落は女の特権というわけではない。男だって、きれいな格好をしていたほうがいい”が兄の口癖だった。そんなわけで、洒落者の喜一は兄がひいきにしていた洋服屋に出かけたり、あるいはわざわざ呼び寄せたりして、二十歳になる前から背広をあつらえていた。オーダーのスーツ姿で銀座の町を闊歩すると、見ず知らずの人が振り返り、”そうか、今の流行はあんな感じか”囁く。”モボ”という言われ方は、どこか軽薄な漢字がして喜一自身はあまり好きではなかったが、街行く人にこんなふうに感心されるのは、ちょっと心地よかった。


「働かなくても番頭並の給料が入ってくるなんて、今考えるとすごいですよね。私の給料の決め方なんて実にいいかげんで、”番頭さんが六十円だから、喜一にも六十円あげよう”なんて、そんな感じでしたから」


川端画学校を三年ほどで卒業すると、昭和十年、二十一歳で、今度は有楽町の市毛にの前にあるクロッキー研究所に通いはじめる。クロッキー研究所は、裸婦デッサンを中心に訓練する場で、プロとして活躍する人を対象とした学校だった。特別に指導者がいるわけではないので、それぞれが自分のペースデクロッキー技法を磨いていく。「私はここに夜間だけ行っていたんですが、ぽつりぽつりと顔をだしながら、それでも、七から八年は通い続けたと思いますよ」

Posted: Nurie : 19年03月03日 | | コメント (0)



3月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

三月と聞くだけで、何だか心がウキウキしてきます。春の明るい青空に暖かい空気、それに草木の青さ。終わりと始まりの時期でもありますから、心が騒ぐのかもしれませんね。

ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
   

    
タイトル:トースト
作  者:きいち
年  代:昭和30年代


3月のエントランスは、「西洋風は憧れ」をテーマにしたぬりえを展示しています。
朝食時に、トーストしたパンにバターを塗る少女。
今と変わらぬ光景ですが、トースターの形が昭和30年代のものですね。

トースターの歴史を紐解いてみると、昭和30年に、「自動式と手動式のポップアップ型トースターが発売された。どちらも上部にパンを入れる窓があり、手動式は外部に付いているハンドルを操作することでパンを上下させるもので、自動式はパンを入れて焼き上がるとパンが自動的に窓から1/2ほど出てくるものでした」とあります。昭和40年代になって、オーブン式のトースターになっていきます。

Posted: Nurie : 19年03月03日 | | コメント (0)



3月の美術館便り(2)

カテゴリ:[美術館だより]

1.3 文芸春秋 十二月号 (1997年)

People 特集 懐かしの遊び
昭和浪漫復活。集大成の本が完成した「きいちのぬりえ」


昭和二十二年頃から三十年代まで女の子たちの人気を集めた「きいちのぬりえ」
八枚五円の絵が月に百万セットも売れるとは予想もしなかった。

カラーテレビが普及するとともにぬりえは店頭から消えてしまったが、ここ数年続くレトロブームに乗り、ポストカードなどで氏の童女画が復活。また、十年前から日本画で少女を描く「童女百態」シリーズに取り組み、今年二月には埼玉県春日部市で「昭和浪漫童女百態/原画展」を開催した。会場には懐かしさを求める女性を中心に四千五百人が来場。連日長蛇の列ができ、その中には遠路はるばる新幹線で駆けつけたファンも。
「ルーズソックスもかわいい」という氏だが、「平成の女の子を描くとしたら?ロマンを感じられないから難しいですね」

十月には人生の集大成ともいえる作品集「わたしのきいち~ぬりえ作家、蔦谷喜一の世界」(小学館刊)を上梓。これまで表にでることが少なかった氏の素顔と軌跡を知ることができる。

Posted: Nurie : 19年03月03日 | | コメント (0)



3月の美術館便り(1)

カテゴリ:[美術館だより]

きいち生誕105年
蔦谷喜一の生誕105年をお祝いします。
「みんなのそしてわたしのきいちのぬりえ」
2019年3月2日(土)~5月26日(日)


蔦谷喜一の生誕105年を祝いまして、春の企画展では「みんなのそしてわたしのきいちのぬりえ」と題しまして、日頃は展示をしていない生前に取り上げられた雑誌を中心にグッズ類やぬりえが入っていましたぬりえの袋等を展示いたします。
 

ぬりえは子どものころには誰でもしているものですが、成長するにしたがっていつしかぬりえをしていたことも忘れてしまうものです。しかしぬりえは、子どもの心を育む遊びでもあります。子どもにとって大切な「こころの宝物」を昭和、平成そして新しい時代にも残して、日本の文化の一つとして、きいちのぬりえを伝へ、ぬりえ文化として残していきたいと願っています。
今後ともきいちのぬりえにご支援を賜りますよう宜しくお願いいたします。

1.掲載雑誌より

1.1 ミマン 1998年3月号
50年代 ぬりえで遊んだあのころ

少女たちにせっせと夢を送り届けた
ぬりえ作家 蔦谷喜一さん
 林 えり子 作家

ぬりえ作家の蔦谷喜一さんがご健在、ということを聞き知ったときにはすくなからず驚かされた。
蔦谷さんは、
「一晩に三十枚四十枚、最も忙しかった時代は六十枚も描きました」と、いうご本人の驚くべき証言に私は眼を丸くしたが、それも紙に描くのではなく、
「版に直接描くんです。亜鉛版みたいなのに筆ですけれど油の墨で描く。油墨、油煙墨っていうのかな。間違っていても消せないんです」
とおっしゃり、すぐに印刷できる状態での版下描きであった。誤りの訂正は不可能なので、一枚一枚が真剣勝負、しかもそれを日に何十枚と描いたのである。


もちろん彼は、生活の手段としてぬりえを描いたのだが、ぬりえを描くこと自体にある種よろこびを感じていたようなのである。
「私は男であるし大人であるのにね、年齢があるところで、少女、少年というより少女の気持ちで止まっちゃっていたんじゃないかと思うんですよ。夢見るとか憧れるとかね、希望とかいうものが少女のそれと似通っているんじゃないかと思う」

Posted: Nurie : 19年03月03日 | | コメント (0)



春の企画展のご案内

カテゴリ:[トピックス]

きいち生誕105年 蔦谷喜一の生誕105年をお祝いします。
「みんなのそしてわたしのきいちのぬりえ」と題しまして、春の企画展を開催いたします。
開催期間:3月2日~5月26日まで
ご来館お待ちしています。

Posted: Nurie : 19年02月23日 | | コメント (0)



2月18日(月)はきいち生誕105年の日

カテゴリ:[トピックス]

1914年(大正三年)二月十八日、きいちは東京、京橋区に生まれました。きいちの生誕105年をお祝いしましょう。きいちの生誕105年を記念いたしまして、春の記念企画展を3月~5月まで開催いたします。ご来館お待ちしています。

Posted: Nurie : 19年02月18日 | | コメント (0)



3月から開館時間が12時からとなります。

カテゴリ:[トピックス]

3月から10月まで、開館時間が12時~18時までとなります。最終入館は17時半まで。時間が変更になりますので、ご注意願います。

Posted: Nurie : 19年02月17日 | | コメント (0)



2月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

きいち千夜一夜 No.2  ★きいち生誕105年★

今年はきいちの生誕105年に当たります。これにちなみまして、「きいち千夜一夜」と題しまして、きいちについてご紹介をして参ります。


兄の勧めで京橋商業に進学するも、ここでの勉強内容が自分にまったく向いていないことに気付く。特に簿記。習字だけが学年トップと飛びぬけていた以外は、どの科目も簿記の”丙”という評価に引きずれれるように、はかばかしくなかった。とうとう三年の進級時に中退を決意する。

絵を描いてみようという気持ちが起こったのは、たまたま出かけた上野の美術館で、帝展を見た時のことだった。たおやかに舞う女性を描いた山川秀峰の「素踊」に心奪われるのである。山川秀峰は鏑木清方の弟子で、伊藤深水の兄弟子に当たる人物。細やかな描写に加え、女性の豊かさと清潔な色香が匂い立つような作品に喜一は心底魅せられるのである。と同時に、それまでくすぶっていた自分の夢がハッキリと姿を表したような気がした。


学校をやめ、今度は絵描きになりたいといえば、兄たちは遠縁に当たる画家、蔦谷龍岬(つたやりゅうこう)のもとで、彼に絵を学ばせる手はずを整えようとさえしてくれるのだ。だが、彼がめざしたのはあくまでも美人画家。あるいは、高畠華宵のような売れっ子の挿絵画家である。したがって、大和絵中心の遠縁の画家には、まったくといっていいほど興味が持てなかった。

Posted: Nurie : 19年02月03日 | | コメント (0)



2月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

二月、如月(きさらぎ)となりました。衣を更に着る「着更着(きさらぎ)」からきているそうです。一番寒い時期ですから、風邪をひかないように暖かくしてお過ごしください。

ぬりえのこころ -今月の一枚- 

館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
   

   
タイトル:ひのようじん まっち一ぽんかじのもと
作  者:きいち
年  代:昭和20年代


2月のエントランスは、「仲良しは楽しい」をテーマにしたぬりえを展示しています。
乾燥をしている冬には、火事が一番怖いですね。
貴方の街でも、町内の人たちが「火の用心」と声かけをしている声が聞こえますか?
きいちのぬりえの中では、子どもたちが仲良く火の用心の夜回りをしています。手に持っている拍子木をカチ、カチと打って、「マッチ一本、火事の元」と大きな声を掛けて町内を歩いて火の用心をしていきます。この時期ならではのぬりえですね。


ぬりえ美術館のある町内では、赤いバケツが1軒ごとに配布され、水を張って、何かの際にはこの水をかけるように準備をしています。

Posted: Nurie : 19年02月03日 | | コメント (0)



来館者の声をご紹介いたします(3)

カテゴリ:[来館者の声]

昨年6月からの来館者様の声をご紹介いたします。


6月3日(日)

・平成生まれ。その平成もそろそろおわる。昭和からある遊びを巡って、ここにきました。なつかしさはありませんが、どこかで見たような不思議な時間でした。


6月10日(日)
・一人生活になりある所の老人ホームに日頃うかがい老人相手にひとことも話もせずにいてホームでぬり絵をして職員よりプロとおだてられてぬり絵をして、ホームで何枚も色づけをしています。今日かわりをもとめて来ました。なつかしいです。


6月23日(土)
・小さい頃にあこがれた絵を拝見出来嬉しく思います。きせかえも楽しみました。
・昔春日部でつたやきいち先生の原画展をみて懐かしく子供の頃を思い出し、本日又きいち先生の絵に出合えて、嬉しいです。73才の私ですが、子供の頃に戻ってぬり絵を描いて楽しみます。わたしのきいちを買い求め、今夜のきいち先生の世界にひたり、私も幸せになれます。
有難う。

Posted: Nurie : 19年01月20日 | | コメント (0)



来館者の声をご紹介いたします(2)

カテゴリ:[来館者の声]

昨年5月からの来館者様の声をご紹介いたします。


5月4日(祝)
・母子で来ました。とてもなつかしいです。2014年に見つけて(知って)ずっと来たかったので、今日はとてもうれしいです。ありがとうございます。
・子供の頃にあこがれたぬり絵の作者きいちさんの美術館に初めて来れて感激しました。ありがとうございます。
・ついに来館することが出来ました!!
昭和39年生まれの私は小さい頃近所のおもちゃ屋さんでよく喜一先生のぬりえを買ってもらったものでした。今日来て、きせかえ人形の事なんかも思い出し、心がじーんとしております。
あの頃は、和装よりも洋風のぬりえが好きでした。見たこともない素敵なドレスの絵に色をぬったものでした。大切にぬりました。
大きくなり、美大に進学し(武蔵野美術大学)その後パッケージのデザイナーとして生きています。喜一先生も、元は日本画家志望だった事や画学校クロッキー研究所に学ばれた事を本日知り、ぬりえの画の構造がしっかりしているのに納得しました。又、ロゴ(サイン)の謎(?)遍歴も、ずっと(小さい頃から)不思議に思っていましたが、T(ティー)だったのかと、本日納得しました。又会社によって使い沸けていたのね・・・。と。
あ~ホントに来て良かった!!! とっても心が暖かくなって、人生を振り返るような一日でした。ありがとうございました。喜一先生、バンザイ!!

Posted: Nurie : 19年01月20日 | | コメント (0)



来館者の声をご紹介いたします

カテゴリ:[来館者の声]

昨年の2月から来館者様の声をご紹介していませんでした。3月からの声をお伝えいたします。

3月10日(土)
・とてもむかしのぬりえだったので、びっくりしました。外国のぬりえの本もすごかったです。
・川崎から2回目の結婚で町屋に来ました。ついこの間の女子会で、きいちのぬりえの話をしてもりあがってしまったところです。母は、保育士だったので、ぬりえをかってもらえず、おばあちゃんの家でかくれてしていました。上びらきのぬりえには、女の子のあこがれが、つまっていたようにおもえます。桜とともに感謝。カコ


3月24日(土)
・主人と寄ってみました。あ~なうかしい! 子供の頃よくぬりえをしていました。今度は、孫といっしょにぬってみようと思います。 由美子
・子供の頃をおもいだしました。 麻美
・軽い気持ちでぬり始めたら、顔の色が難しくて思ったように塗れませんでした。色えんぴつで色をだすのは難しいと思いました。T.N.


3月25日(日)
・ぬり絵ボランティアをしてろますが、参加者がぬり絵の経験がない方ばかりでボランティアの私達も経験がなく手さぐりで進めております。参考になればと思い、横浜からおとずれました。F.M.

Posted: Nurie : 19年01月20日 | | コメント (0)



美術館便り 1月~2月合併号(2)

カテゴリ:[美術館だより]

東京都
佐藤 順子様 60代
《作者からのコメント》
・小遣いをもらうと駄菓子屋に行き、先ずぬり絵に飛びつきました。色鉛筆で綺麗に塗れると嬉しくて、妹や母も一緒に競っていました。情緒ある少女の絵に「きいち」って優しい人だろうなと、想像したものでした。季節行事に心弾ませていました。
前回応募して、ぬり絵の楽しさを思い出し、コンテストを待っていました。「七五三」には神社で、紅葉の背景が浮かび絵画のように写真のようにと盛り込んで夢中になってしまいました。色々アイデアがありましたが、和のイメージで古風になりました。

《館長からのコメント》
・古典的な柄も入って、豪華な七五三の着物に仕上がりました。少女を引き立てる、背景の紅葉、神社の階段やお宮と手が込んでいて、大変素敵でした。

Posted: Nurie : 19年01月13日 | | コメント (0)



美術館便り 1月2月合併号(1)

カテゴリ:[美術館だより]

明けましておめでとうございます。元号が変わる新しい年でもありますので、平和で穏やかな生活ができる年になることを願っています。

さて、昨年10月に実施いたしました第9回ぬりえコンテストの優秀作品を1月12日(土)より展示をしています。お蔭様で第9回は200通以上(昨年の倍)の応募がございまして、選定をするにあたり、応募数の多さに嬉しい悲鳴を上げておりました。これも皆さま方のご支援の賜物と厚く感謝申し上げます。

厳選な審査の上、優秀作品15点をぬりえ美術館に展示すると共に、優秀作品ならびに次点作品、特別賞の作品をホームページに掲載しておりますので、併せてご覧いただければ幸いでございます。今後もぬりえコンテストを続けてまいりますので、どうぞ沢山のご応募お待ちしています。
また今年の二月は蔦谷喜一の生誕105年にあたります。これからも皆さまに愛され、心に残る「きいちのぬりえ」とぬりえ美術館にご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

以下に今回の優秀作品の方のコメントと館長のコメントをご紹介いたします。


埼玉県
濃野 知世様 20代
《作者からのコメント》
・晩秋らしい色使いを意識して、夕焼けのオレンジ色やぶどう色でまとめました。ちょっと奇抜な色あわせでもぬりえなら自由に着せることができるので楽しかったです。

《館長からのコメント》
・着物の表現に日本の伝統的な”暈し”や”絞り”に帯の金糸などが生かされた豪華な七五三の着物に仕上がりました。千歳飴の袋もキチンと描かれています。赤い欄干が七五三のイメージにぴったりです。

Posted: Nurie : 19年01月13日 | | コメント (0)



2018年第9回 ぬりえコンテスト入選作品発表

カテゴリ:[トピックス]

第9回ぬりえコンテスト入選作品
皆様にたくさん応募いただいた「2018年 第9回 ぬりえコンテスト」の入選発表です。
たくさんご応募頂いた作品の中から、ぬりえ美術館館長の厳正な選考で、選ばせて頂きました。

2018年「第9回 ぬりえコンテスト」 (別窓でページは開きます)入選発表はこちらからです。

Posted: Admin : 19年01月12日 | | コメント (0)



2018年第9回ぬりえコンテストの入選作品の発表は明日です。

カテゴリ:[トピックス]

多くの方にご応募頂いた「2018年第9回ぬりえコンテスト」の入選発表は、明日の朝からです。
今回はとても素晴らしい作品が多く、また多数のご応募を頂いたので選ぶのが大変でした。
ですから、入選作品は、とても素晴らしい作品ばかりです。ご期待ください。

Posted: Admin : 19年01月11日 | | コメント (0)



カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ