東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

館臨時休館のご案内

カテゴリ:[トピックス]

いつもぬりえ美術館にご愛顧を賜りまして、大変ありがとうございます。

コロナの緊急事態宣言を受けての対応と致しまして、1月16日(土)~2月7日(日)まで休館をさせていただきます。


今後の営業に関しましては、都度ホームページなどでお知らせしていく予定です。


お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご了承の程宜しくお願いいたします。

Posted: Nurie : 21年01月10日 | | コメント (0)



第11回 ぬりえコンテスト受賞者の発表

カテゴリ:[]

お蔭様で第11回は142通の応募がございました。
コロナのため在宅時間が長くなる中、ぬりえが適していたのか、沢山のご応募をいただき大変嬉しく思っております。
今年も様々に技巧を凝らした作品が集まり、それぞれの個性が光った作品群となりました。
是非ご覧頂ければ幸いです。
以下のページにてご紹介させて頂いておりますので、御覧ください。
2020年 第11回ぬりえコンテスト入選作品(別窓で開きます)

Posted: Admin : 21年01月09日 | | コメント (0)



1月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

きいち千夜一夜 No.24
2021年も引き続き「きいち千夜一夜」と題しまして、きいちについてご紹介をしてまいります。


「それから、家内は、毎日、雨の日も風の日も、上福岡にある教会へとお参りに通っていました。夕方の六時から夜のおつとめが始まるんです。どこに出かけていても六時までには帰って来て、それに参加する暮らしが十年も続きました。祭礼の時には、私もかり出されましてね。私自身は宗教に頼って、なんとかしてもらおうって気はなかったけど、とにかく彼女は真剣でした。あまりに熱心な様子に会長さんも感心していましたね。

彼女がそこまで思い詰めるようになったのは、私の責任ですからね。申し訳ないなと思うんですが、私の場合は絵を描き始めると、その中に入り込んでしまって、周囲のことなどお構いなしになってしまう。そんな私だから便りにならないと、家内は教会へすがるようになったのかもしれませんけど・・・」


「家内の宗教活動が終わりに近づいたころ、私は童女百態シリーズを描き始めました。七十歳ぐらいの時です。そろそろ”ぬりえのきいち”からは卒業したい、そんな時期でした」

Posted: Nurie : 21年01月05日 | | コメント (0)



1月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

明けましておめでとうございます。今年のお正月は静かに家でお過ごしになったことと思います。皆さまのご健勝とご多幸をお祈りいたします。

ぬりえのこころ -今月の一枚- 
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
 

 
タイトル:おしょうがつのにほんがみ
作  者:きいち
年  代:昭和30年代

     
1月のエントランスは、「新年を迎える喜び」と題しまして、お正月がテーマのぬりえを展示しています。
1月1日になると、心から新しい一日が始まる、12月31日とは全く違う日に感じるのは、私だけでしょうか。
昔から元旦を特別な一日として暮らしてきた日本人の感覚が、現代になっても私たちの血の中に生きているのではないかと思います。

Posted: Nurie : 21年01月05日 | | コメント (0)



1月の美術館便り(2)

カテゴリ:[美術館だより]

村杉 典子様
千葉県 50代
《作者からのコメント》
・まさか、50才を過ぎて、ぬりえをするとは思いませんでした。でもコロナウィルスの為、家ですごす時間が多くなり大人もぬりえにはまっていると聞きました。無心に色をぬって、心が癒されるのは分かります。日本のぬりえだけでなく海外のぬりえも展示している、ぬりえ美術館に行ってみようと思います。

《館長からのコメント》
・着物の柄のぼかし方や背景の薔薇の描き方など、とても良かったです。


田中 登志子様
千葉県 50代
《作者からのコメント》
・残念ながら子どもの頃のぬりえの思い出はほとんどありません。
無心で色を重ねているととても楽しいです。この特集を今後も続けてほしいです。

《館長からのコメント》
・着物の色数など多くありませんが、よく纏まっています。ベールのフワフワな雰囲気も良く出ています。水玉の描き方もお上手です。


Posted: Nurie : 21年01月05日 | | コメント (0)



1月の美術館便り(1)

カテゴリ:[美術館だより]

明けましておめでとうございます。
今年はコロナ禍の中の年明けとなりました。三密、手洗い、ソーシャルディスタンスを実行し、 静かに過ごしましょう。 

さて、昨年10月に実施いたしました第11回ぬりえコンテストの優秀作品を1月9日(土)より展示をいたします。お蔭様で第11回は142通の応募がございました。コロナのため在宅時間が長くなる中、ぬりえが適していたのか、沢山のご応募をいただき大変嬉しく思っております。

厳選な審査の上、優秀作品13点をぬりえ美術館に展示すると共に、優秀作品ならびに次点作品、特別賞の作品をホームページに掲載しておりますので、併せてご覧いただければ幸いでございます。ぬりえコンテストは今年も10月に開催する予定でおりますので、10月のご案内をお待ちください。
今年も「きいちのぬりえ」とぬりえ美術館にご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

今回の優秀作品の方のコメントならびに館長のコメントをご紹介いたします。


木田 ひな様
・鳥取県 20代
《作者からのコメント》
・私はぬりえが大好きでした。”好き”や”わくわく”等を想像を自由に表現でき夢中になれる。大好きな遊びでした。
 この特集は母が「好きそうね。」と教えれくれ知りました。私の100歳のひいおばあちゃんは私が絵や何か表現する姿が大好きなようで 一緒に住んでいた頃は互いに楽しみながら表現をしていました。それを思い出しておばあちゃんの家へ。寝ているのがやっとでもう筆を握っていられないので「このいろどう?」とあれやこれやお話をしながらぬりえを楽しみました。

《館長からのコメント》
・面白いテクニックが沢山盛り込まれたぬりえ作品でした。ベールには白い和紙でしょうか貼られています。白いペンも上手く生かしています。古典的な着物の柄がポップになっったように見え、若い方の作品だなと思いました。


Posted: Nurie : 21年01月05日 | | コメント (0)



新年のご案内

カテゴリ:[トピックス]

明けましておめでとうございます。新年は1月9日(土)より開館いたします。昨年10月に開催いたしました第11回ぬりえコンテストの優秀作品を展示いたします。感染防止対策をいたしましてご来館をお待ちしています。

Posted: Nurie : 21年01月05日 | | コメント (0)



12月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

きいち千夜一夜 No.23   ☆きいち没後15年☆

今年はきいちの没後15年に当たります。これにちなみまして「きいち千夜一夜」と題しまして、きいちについてご紹介していきたいと思います。

物静かな喜一のペースに、まさがすっかり巻き込まれてしまうまでには、そう時間はかからなかった。まさは子供のころから、活発で負けん気の強い性格。和裁の修行時代も”お前にまかせておけば、間違いはない”と師匠が関心するほどのしっかり者だった。だが、結婚後は、そんな張り詰めた気持ちもどこかへ吹き飛んでしまった。久々に小学校の同窓会でまさにあった同級生たちは、あまりの変わりように驚いたという。


「家内の実家は農家だから、男は男らしくそとでばりばり働くものだと教えられて育ったんだろうと思います。でも、私と会うことで基準がすべてくるって、調子を乱してしまったんじゃないかな。人形やハンドバッグやコートまでちくちく縫ってしまう男なんて、当時はそういなかったでしょうから。でも、普段の暮らしの中からデザインやアイデアがいろいろ沸いてくるので、形にしないと気が済まないんですよ。

 
だから、私が着ていたオーバーや国民服を見て、家内の兄に”俺もそういういのがほしいから、洋服屋を教えてほしい”と聞かれた時には困った。体に合わせて、立体裁断で自分で適当につくったものだから、二度と同じものはできないの」
彼はぬりえやきせかえを描いていて、服のデザインに悩んだことは一度もなかったというが、それはこのようなエピソードからも、うかがい知ることができる。
「こんなふうですからね、私は自分の人生を一度も不幸だと感じだことはないの。でも、家内は違ってて、ぬりえが売れなくなってからは、とても幸せそうでしたね」

Posted: Nurie : 20年12月05日 | | コメント (0)



12月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

コロナの第三波が来ています。ワクチンの開発も進んでいるようですので、各自が気をゆるめずに、手洗い、三密をさけるなどの基本を守って予防して、元気で新年を迎えましょう。

 
ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。こ
のコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
 

  
タイトル:あたしはサンタクロースよ
作  者:きいち
年  代:昭和20年代
     
12月のエントランスは、「クリスマスを楽しもう」と題しまして、クリスマスがテーマのぬりえを展示しています。
今年はコロナ渦のため、ステイホームの時期があったので、歳の終わりが来るのが大変早いように思います。もう12月になりました。行事的なことがほとんど中止となり、夏の花火、お祭り、行楽などしないで過ごされた方が多かったのではないでしょうか。


ステイホームの時間に、花壇や野菜を作ったり、ホットケーキなどを手作りしたりして、従来とは違った時間を過ごされた方も多いことでしょう。
断捨離を家族総出でしました、と何人かの友人からお知らせがありました。従来とは違う新しい生活を楽しもうとする人々も多いのですね。

Posted: Nurie : 20年12月05日 | | コメント (0)



12月の美術館便り(2)

カテゴリ:[美術館だより]

神奈川県 柳瀬 冨美子様 80代
★私は小学校に入学する二ヶ月早い二月に学童疎開に福島へ行きました。八月十五日の玉音放送を聞き、戦争が終わって東京上野に帰ってきました。多くの犠牲になられた人々の命のかわりに得られた平和を大事に守りつづけなければと思っています。
小学校生活のなかでお友達とぬりえをするのが、とても楽しい事でした。学校から帰ってくると、お友達の家に行きクレヨンできれいにぬって遊んでいました。お友達の家は御両親働いていましたので、弟妹のめんどうをみていましたので、ぬりえをするのが楽しかったです。
八十才になった時 横浜の有隣堂という大きな本屋さんの棚に並んでいたのを見つけ とても嬉しかったです。
きれいにぬりました。一枚一枚時間をかけて塗っています。子供の頃の一番楽しい時間を過ごす事のできるきいちの塗り絵でした。感謝の気持ちで一杯です。


埼玉県 上野 豊子様 80代
★小一で終戦をむかえ 文房具も乏しい中で暮らしました。友だちの塗り絵を借りて窓ガラスに当ててワラ半紙を重ね鉛筆で写し取っては色を塗って楽しんでいました。「きいち」の塗り絵は憧れでした。描かれている少女は夢のような別世界の暮らしをしている少女たち。塗りながらその少女になっていく自分がうれしく胸の高なる時間でした。母の「夕ご飯の支度しておくれ~!」と呼ばれると ちびた色鉛筆をおいてそうめんを茹でたりきゅうりを刻んだりしたものでした。よく働いた小学生だったですね。塗り絵に救われる日々でした。
★応募すると決めてより、ときめく 日々を重ねています。


東京都 彼島 政子様 70代
★小学低学年の頃 仲良しの友達とおしゃべりをしながら好きな色を使いあそんでいました。ぬりえは女の子のあそびの一つの仲間でした。大きくなって鉛筆を正しくもち手首を動かし指先を動かし注意をはらい完成してゆくのは成長してゆくうえに大事なあそびのひとつだったと思ったものです。
★新聞ではじめて目にし、ひさびさにあそび心が起りました。子どもから大人まで(年老いても)想像をふくらませることができ、よいことだと思います。

Posted: Nurie : 20年12月05日 | | コメント (0)



12月の美術館便り(1)

カテゴリ:[美術館だより]

ぬりえ美術館では今年で第11回目となります“ぬりえコンテス”を10月に開催いたしました。お蔭様で今回は142人ものご応募をいただきました。厳正なる審査の上、来年1月9日(土)より優秀作品を展示する予定です。今月は応募くださった皆様の中から、コンテストに関するご意見、感想をご紹介したいと思います。


東京都 西 由美子様 60代
★ 横浜に住んでいたころ、熊本から祖母といとこのお姉ちゃんがあそびにきました。おみやげに  東京駅で買ってきたぬりえをもってきてくれました。いとこのお姉ちゃんと一緒にぬりえをしました。 はじめてまわりを線でかこってから最初はうすくぬり始めることをおそわりました。ぬりえをしながら、いろいろ話をして楽しかった思い出があります。
★ なつかしい思い出のぬりえをやれて楽しかったです。今もきいちのぬりえが手にはいるかな?
※「きいちのぬりえ」は小学館が発行しています。ご近所の本屋さんでお問合せください。
もちろんぬりえ美術館でも販売しています。


神奈川県 大沢 悦子様 70代
★ 60年前まだクレヨンがあまり買えなくて4人姉妹で1箱のクレヨンでぬり絵をした思い出があります。あまり紙質もよくありませんでしたが、いろいろ想像してぬりました。今は多種の者があり、色鉛筆とかクレヨン 見ているだけで楽しいです。3月に退職して私も趣味の1つに加えたいと思います。
★ 私達の年代には子供のころの思い出が蘇り 今のコロナの自粛生活いは時間があり、ゆっくり楽しめて良いです。

Posted: Nurie : 20年12月05日 | | コメント (0)



第11回ぬりえコンテストのお知らせ

カテゴリ:[トピックス]

10月31日に締め切りましたぬりえコンテストは、142名の方々の応募をいただきました。大変ありがとうございました。コロナで家にいる時間が長い時に、とても良い企画であった、楽しめた等、という感想をいただいております。現在選考をしております。優秀作品の展示は、2021年1月~2月を予定しております。どうぞ今暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます。

Posted: Nurie : 20年11月16日 | | コメント (0)



年末年始のお知らせ

カテゴリ:[トピックス]

今年の年末は、12月20日(日)まで開館いたします。
新年は1月9日(土)より開館いたします。ご来館をお待ちしています。

Posted: Nurie : 20年11月15日 | | コメント (0)



11月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

きいち千夜一夜 No.22   ☆きいち没後15年☆

今年はきいちの没後15年に当たります。これにちなみまして「きいち千夜一夜」と題しまして、きいちについてご紹介していきたいと思います。

【まさの存在】
私は私なりに家族を大切に、特に家内のことはいつも考えていたつもりだけど、実際はどうだったか、ちょっと自信のないところもあるなあ。

小柄でおっとりとした雰囲気のまさは、喜一の妻と紹介されると。ほとんどといっていいほど、「ぬりえのモデルですか?」とお質問を受ける。これについては、常に曖昧な返事でごまかしてきた喜一だが、まさがモデルであることにハッキリとした自覚がないとすれば、それほど彼女の存在が喜一の意識の深層まで達しているからなのだろう。いつもそばにいてこまごまと世話を焼き、小さな手で縫物をするまさは、どんな時も喜一にはかけがえのない存在であり続けたに違いない。

秀峰の「素踊」に心打たれた、女性はこの絵のように美しく、汚れのないものであるべぎだと信じて疑わない喜一の女性に対する神話が、結婚しても崩されることがなかったのは、ひとえにまさのちからといえるだろう。
「話によると、娘時代は、しっかりとして、気の強いほうだったみたいですよ。それが私と結婚したことで、人生観が変わったって言ってますよ。のんびりしちゃたって」

嫁いで二か月も経ったころ、喜一に”なにか着物か帯の端切れのようなものがないかな?”と聞かれたまさは、男物のしゅすの帯を出して渡した。するとまもなく、それが立派なハンドバッグにつくり替えられて、まさにプレゼントされたのである。丁寧に口金まで付いていて、どこへ出しても恥ずかしくないバッグを簡単に仕上げてしまう夫に、まさは大層驚かされた。和裁が得意といっても、教えられたことだけを忠実にやってきた自分と違って、自由な発想でなんでもつくってしまう夫の才能がうらやましいと思った。

Posted: Nurie : 20年11月01日 | | コメント (0)



11月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

紅葉の便りがあちこちから聞かれ、秋が深まっています。日本ではGO TOキャンペーンが開催されていますが、ヨーロッパではコロナの第二波により再びロックダウンが行われているようです。冬に向けて日本でも拡大しないように、三密、手洗いなど気を付けていきましょう。


ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。こ
のコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。
 

タイトル:ウールのネッカチーフ
作  者:きいち
年  代:昭和30年代

  
11月のエントランスは、「おめかししてお出かけ」と題しまして、お洒落がテーマのぬりえを展示しています。

ネッカチーフという言葉を最近は聞かなくなりました。今はスカーフと言いますね。
昭和20~30年代は、ネッカチーフを被ったり、首に巻いたりしていました。昭和28年の映画「君の名は」では、ヒロインの真知子が巻いたスカーフの結び方が“真知子巻き”と呼ばれて、映画と共に流行しましたので、覚えていらっしゃる方も多い事でしょう。


Posted: Nurie : 20年11月01日 | | コメント (0)



11月の美術館便り

カテゴリ:[美術館だより]

今年は春に始まったコロナが夏には鎮静化するか、と思っておりましたが、東京では相変わらず100人、200人の感染者が出ており、まだ終息をみておりません。引き続き、コロナに感染しないように、三密を避け、手洗いをして、感染しないように注意をいたしましょう。


家で過ごす生活が長くなりましたが、いつの間にか今年も残り二か月となりました。何もしないうちに、何もできないうちに暮れを迎えるような気がします。
ぬりえ美術館では、3月末から5月一杯臨時休館をし、6月から感染予防をしながら開館を始めました。「感想ノート」に記入していただきました来館者の声をご紹介したいと思います。

 
6月14日(日)
・4回目の来館です。花の絵を描くのが好きです。こちらの美術館も、とても好きです。 あや子

・横倉さんに紹介いただき、娘と西村さん 4名で来館。昭和のかおりが多分に感じられました。小学生の娘には題材があまり理解できないようですが、そのうち絵画のひとつとして、分かってくるとおもいます。もう少し大きくなってからまた連れて参ります。高田東一、真央


8月2日(日)
・インターネットで作品を見つけ、「きもの」を購入しました。美術館のことを知り、ぜひ訪れたい!と思い、夫婦でお邪魔しました。日本舞踊の塗り絵を制作しており、参考に、と拝見しておりました。きいちさんも名取であったといいうことや、舞踊の作品が沢山みられてとても嬉しく思いました。そして、このノート! たくさんの人に愛されていた塗り絵たち、きいちさんのことを想像するだけで、心がほっこりします。私もそのような塗り絵が作れるようにがんばります!! 俺の日本舞踊 梅澤 

・昔話、おとぎ話シリーズのぬり絵がかわいかったです。時代を追っていける姿、そういう様子が長く愛されるゆえんでないかと思いました。

Posted: Nurie : 20年11月01日 | | コメント (0)



第11回ぬりえコンテストの締め切り迫る!

カテゴリ:[トピックス]

10月5日(月)より募集を開始しましたぬりえコンテストの締め切りは、10月31日(土)です。
残り1週間となりました。沢山のご応募をお待ちしています。

Posted: Nurie : 20年10月24日 | | コメント (0)



第11回ぬりえコンテスト2020作品募集のお知らせ

カテゴリ:[トピックス]

2020NuriconBanner38.jpg
今年のぬりえの課題ぬりえは、きいちの「おふりそでにベールをかけて」です。ふるってご応募ください。
ダウンロード→《第11回ぬりえコンテスト2020課題ぬりえ》
(クリックして開いたページを保存してください。)

Posted: Admin : 20年10月04日 | | コメント (0)



第11回ぬりえコンテストのご案内

カテゴリ:[トピックス]

今年もぬりえコンテストを開催いたします。東京新聞に10月5日(月)朝刊にコンテストの課題、並びに詳細がご案内されます。同時にぬりえ美術館のホームページにも掲載され、コンテスト課題のぬりえ等もダウンロードできます。締め切りは10月31日(土)です。
沢山のご応募をお待ちしています。

Posted: Nurie : 20年10月03日 | | コメント (0)



10月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

きいち千夜一夜 No.21 ☆きいち没後15年☆

今年はきいちの没後15年に当たります。これにちなみまして、「きいち千夜一夜」と題しまして、きいちについてご紹介をしていきたいと思います。


実際にメニエール病だったか、審議のほどは定かではないが、しばらくするとその症状も和らぎ、次第に絵を描く生活へと戻っていく。人生というものには思わぬハプニングがつきものだが、なにかが襲ってきた時、静かにそれが通り過ぎるのを待つ。そういう生き方は喜一にとって苦手なことではなかった。

自分の病については慣れっこになていたから、むしろいつもは丈夫なまさが、胆石の手術で入院したことのほうが、喜一にはショックだったかもしれない。手術を終え、二十日ほどで家に帰ってきたまさの体は、やせて半分になった印象だった。
「それから、二十年位前だったかなあ、料理をしている時、油に火が入って、家内が両手に大火傷を負った時にも、随分びっくりした。でもね、両方の手を訪台でぐるぐる巻きに自分で手当てして、医者にもいかずに治してしまった。何本か爪もダメになってしまったんだけど、気にする様子もなかった。火傷が治ってきて、新しい爪が生えてくると、私にも見せに来て、”ダメになっても、ほら、新しくてきれいな爪が生えてくるものなんですね”って嬉しそうにしてた。この時に、女の人の強さっていうか、そういうものには太刀打ちできないかと実感しましたよ」 

Posted: Nurie : 20年10月03日 | | コメント (0)



カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ