東京都荒川区町屋 土日曜のみ開館
開館時間:(3月~10月)12:00~18:00 (11月~2月)11:00~17:00

ぬりえ美術館

ぬりえ美術館 20周年記念誌制作のアンケート

カテゴリ:[トピックス]

ぬりえ美術館は2022年8月で開館20周年を迎えます。
20周年をもって、今年10月末で閉館いたします。
皆様には、この20周年記念誌制作アンケートにご協力をいただけましたら幸いでございます。よろしくお願いいたします。

アンケートはこちら

Posted: Ziromin : 22年05月15日 | | コメント (0)



5月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[]

ぬりえのあれ、これ  No.5


2022年は、ぬりえの出版物の中からぬりえに関する「あれ、これ」をご紹介いたします。


ぬりえで育った人

《ぬりえの誘惑 田辺聖子》


子どものころのぬりえには、ベティさんやミッキーマウスがあった。
それからおたばこ盆に髪を結った女の子など。戦前のせいか西洋人はなく、日本髪の女の子が多かった。昭和のはじめから十五、六年まで、つまり、昭和三年うまれの私が女学校へはいるまで、小学生のあいだじゅう、ぬりえに親しんできた。


教育ママの母は、ぬりえなど幼稚で、ちっとも絵の勉強にならないというのだ。
しかし私は、白地の絵をみると、色がぬりたくてむずむずするのだった。きれいな日本髪の少女や、たもとの長い着物を着た少女をみると、どんな色の髪飾りにしようか、どんな色の着物にしようかと、ぬりえを抱えて帰る道すがら、うれしさで気持ちがわくわくするのであった。


小さいうちはクレヨンであったが、小学校高学年になると色鉛筆を使い出した。こまかい部分までぬれるからであった。だんだん技術も高尚になってきて、着物の柄など、肩から裾にかけてぼかしを用いて、色を変えたりする。

途中省略


Posted: Nurie : 22年05月03日 | | コメント (0)



5月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

ゴールデンウィークで、三年ぶりに行楽地が賑わっているようです。私達日本人はマスクに慣れているとはいえ、早くマスク無しの生活に戻りたいものです。皐月の爽やかな季節を充分にお楽しみください。
 

ぬりえのこころ -今月の一枚-
館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。

JP006688-640s.jpg
タイトル:おねえさんのこんれい
作  者:きいち
年  代:昭和20年代

   

5月のエントランスは、「パーマとリボンは可愛い印」をテーマに展示しています。
 

昭和20~30年代には、子どもがパーマネントをかけるということは、殆どされていませんでした。それでも子どもたちは可愛らしくするために、二股になったコテを火にかけて熱くして、髪にはさんでクルクルと巻いて、髪にウェーブを付けたりしていました。 
今考えると、耳の部分が熱くなって、「動いては、ダメ!」と言われ、少し怖かったことを思い出します。

Posted: Nurie : 22年05月03日 | | コメント (0)



4月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

ぬりえあれ、これ No.4

2022年は、ぬりえの出版物の中からぬりえに関する「あれ、これ」をご紹介いたします。


図画の用具についても検討し、ぬりえの流行を探ってみたい。

大正六年(1917)頃からクレヨンが輸入され始め、更に大正十年(1921)に国産クレヨンが登場し、たちまち流行した。自由画とクレヨンがセットになった形でさらに広まることになった。


用具がないとぬりえも自由にはできない。ぬりえをするのは子どもであるから、自由にぬりやすいクレヨンがぬりえの流行に一役かったことが容易に理解できる。


その後、明治後期いなってはがきの絵に色を塗って送ると、賞金や賞品がもらえることが流行し、ぬりえの普及に貢献し、大正時代にはぬりえ帳が現れた。

Posted: Nurie : 22年04月02日 | | コメント (0)



4月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

世の中は桜色に美しくそまっているのに、コロナやウクライナなど世界的に大変な事が起きていて、苦しく悲しい気持ちになります。ウクライナの人々にエールを届けましょう。

ぬりえのこころ -今月の一枚- 

館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。

 
JP007495-640s.jpgタイトル:おちゃをおきゃくさまに
作  者:きいち
年  代:昭和20年代

4月のエントランスは、「着物でお洒落」を展示しています。

3月の中頃、着物に袴の大学生を何人か街で見かけました。着物と袴の色合いとか、着物の柄など色合いも華やかで、綺麗ですね、と声を掛けたくなりました。

最近では普段に着物を着る機会がなくなり、卒業式や成人式、結婚式などに見られるくらいになってしまいました。

昭和20~30年代には、きいちのぬりえに描かれたように子どもたちも着物を着ることが多かったようです。
お母さんやお婆さんが着物を縫うことができる人も多く、縫ってあげることもできたからでしょう。



Posted: Nurie : 22年04月02日 | | コメント (0)



令和4年春の企画展を開催しております。

カテゴリ:[トピックス]

令和4年春の企画展
「ありがとう きいち 春」~きいちの春は花のいろ~

蔦谷喜一が晩年に描いた童女画の絹本を展示しております。

期間:2022年3月5日(土)~5月29日(日)

今年の春の企画展では、喜一の晩年の童女画を展示しています。

ぬりえ美術館は、8月で開館20周年を迎えます。

20周年をもちまして、本年10月末に閉館いたします。

Posted: Ziromin : 22年03月06日 | | コメント (0)



3月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[]

ぬりえのあれ、これ NO.3

挿絵の源流、ルーツについて
~小学館スクウェア 「ぬりえ文化」より~


挿絵の一形式ともいえるページの余白部分の彩飾に対しては、イルミネーションilluminationという呼び名があります。いまではネオンランプで周囲を飾ること、つまり「電飾」の意味に使われますが、もともとは中世に羊皮紙の書面を美しく装飾することでした。


そしてこのイルミネーションのルミネも語源は「光らせる」にあります。どちらにしても西洋では、挿絵とは文章やページを光り輝かせる役割を持つ図像ないしは意匠だったわけです。


ついでに書きますが、同じ「光り輝かせる」図像でも、イラストレーションは文章を輝かせ、イルミネーションはページを輝かせます。ということは、前者は別の文章に転用できませんが、後者はそこに書かれた文章の内容に関係なく、他のページにも転用できます。


イルミネーションのほうはそれだけ装飾性が高く、一方イラストレーションは文章内容の「図説」「図解」の役割に傾いています。ですから、西洋で挿絵という場合は必要最小限の条件として、イラストレーションかイルミネーションのどちらかの役割が求められているわけです。



Posted: Nurie : 22年03月05日 | | コメント (0)



3月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

3月に入り暖かい日が続いて春めいてきていますが、コロナ感染の蔓延防止期間が延長され、気持ち的にはまだ春はこないのか、と寂しくなります。ぬりえの絵の世界だけでも春のひな祭りをお楽しみください。


ぬりえのこころ -今月の一枚- 


館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。

 
jp002250x640s.jpg   
タイトル:もものおせっく
作  者:きいち
年  代:昭和30年代

3月のエントランスは、「嬉しい雛祭り」を展示しています。




今年は1月から雪が降り、厳しい冬の寒さが続いていますが、それでも3月、弥生の声を聞きますと春がやってきた、とい嬉しい気持ちになります。


1月の梅の花に続いて、3月は桃色の桃の花の季節となります。桃は、古代中国から邪気を払う神聖な樹木、花として大切にされてきました。実を食べると不老不死の仙人になれるとか、花も邪気を払うと言われていました。葉もまた漢方薬などに利用されてきたため、桃の花を飾ったり、桃の花を浮かべたお酒が飲まれたりしていました。

Posted: Nurie : 22年03月05日 | | コメント (0)



美術館便り3月~5月合併号

カテゴリ:[美術館だより]

令和4年春の企画展
「ありがとう きいち 春」~きいちの春は花のいろ~
蔦谷喜一が晩年に描いた童女画の絹本を展示いたします。

2022年3月5日(土)~5月29日(日)

ぬりえ美術館は、8月で開館20周年を迎えます。20周年をもって10月末に閉館いたします。

今年の春の企画展では、喜一の晩年の童女画を展示しています。童女画について、きいちは小学館発行の「わたしのきいち」の中で以下のように語っています。


<ずっと美人画をめざしてきたが、最近美人画は余技だとわかった。これからは童女の絵を中心に描いていこう、八十歳をすぎて、ようやくその覚悟ができました>


喜一がせっせと描き続けた童女百態シリーズの絵は個展などを通して多くの喜一ファンの手元へ渡っていった。その数は優に百枚はこえると思われるが、それでもまだまだえがきたりないと言う。
「童女のもつ愛らしさとかやさしさとか、また色彩という面ではかなり満足できるものにしあがっていると思うんです。しかし問題はデッサンです。どうしてもデッサンがうまくいかない。」
3頭身の童女の絵にも厳密なデッサンは必要なのだ。


あれほど美人画に憧れ、いつかは美人画だけを描く画家になりたいと思いを募らせてきた喜一だが、八十歳を過ぎて、童女画こそ自分の取り組むべきテーマであることに気付いたようだ。
 

「美人画は描いていて楽しいし、これからも続けていきたいと思いますが、でも、自分の生涯の仕事として全うするものじゃないと最近思うようになりました。それに、私が描かなくても、ほかにいくらでも描く人がいる。だから今後は美人画については余技でやっていこうと考えています」


まわりの評価はともかく、同じ表情の童女画を毎日毎日描き続けることからするなら、ひとつの作業を積み上げるという点で、アーティストより職人というほうが自分にふさわしいと思うこともある。


Posted: Nurie : 22年03月05日 | | コメント (0)



2月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

ぬりえのあれ、これ No.2 
2022年は、ぬりえの出版物の中からぬりえに関する「あれ、これ」をご紹介いたします。


挿絵の源流、ルーツについて
~小学館スクウェア 「ぬりえ文化」より~


挿絵については「絵のある本の歴史」(荒俣宏 1987年 平凡社)を参考にしたい。

ヨーロッパやアメリカでは、挿絵のことを単に形状的な面からではなく、もっと機能的な面から見る事が多く、ふつうイラストレーションillusutrationと呼びます。日本では略してイラストとっているようです。


このイラストとは「図解」と訳され、ともすれば難解になりがちな文章を、だれにもわかる絵で細く説明したもの、という意味になります。古い日本語に「図説」というものがありますが、これはまさしくイラストの真意を忠実に反映挿せた役です。


しかし、イラストレーションにはもっと根源的な意味があります。照明度をあらわす国際単位をルクスluxと呼ぶように、イラストレーションのラストレの部分は元来「光輝かせる」といいう意味のラテン語に由来します。換言すれば、挿絵は文章を明らかにするもの、引き立たせるもの、ということでしょう。イラストレーションを加えることによって、その文章には付加価値がつき、パワーアップするのです。



Posted: Nurie : 22年02月15日 | | コメント (0)



2月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

連日オミクロン株の感染者数が増加しています。海外では、オミクロン株の変異株もでていると言われてお、収束まだ時間がかかるようです。寒いかもしれませんが、三密、手洗い、換気に気を付けましょう。

ぬりえのこころ -今月の一枚-

館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。このコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。

jp00238x-640.jpg 

タイトル:おにさんこちら

作者:きいち

年代:昭和20年代

   

2月のエントランスは、「昭和20年代のぬりえ」を展示しています。
昭和22年から「きいち」の名でぬりえを描き始めました。戦前は、「フジヲ」というペンネームを使っていました。終戦後1年は、築地に駐屯をしていた米兵の恋人や奥さんの写真を元に肖像画を描いていました。100枚程描いたそうです。


そして昭和22年米兵の駐屯がなくなると、自分の名前でぬりえを始めました。米兵の恋人や奥さんの写真を元に描いたせいか、又はぬりえのモデルが米国のシャーリー・テンプルという子どもの俳優さんであったせいか、きいちのぬりえはハイカラとか、洋風の香りがすると言われていました。


Posted: Nurie : 22年02月15日 | | コメント (0)



2月の美術館便り

カテゴリ:[美術館だより]

今年もコロナのオミクロン株が猛威をふるっています。昨年末には急速に感染者が減少していましたので、これからは大丈夫かしらという希望が打ち砕かれてしまいました。引き続きマスク、手洗い、密をさけ換気をする、ということに留意していきましょう。


今月の展示室のぬりえのご紹介をしていきたいと思います。
展示ケースは4つのパートに分かれて以下の4つのテーマのぬりえ作品を展示しています。
1. 冬景色
2. 童話の主人公
3. 昭和20~30年代のペット
4. 昭和10年代のフジヲ時代のぬりえ


1.冬景色
今年1月早々に雪がふり積もりました。雪が積もるときは、こんこんと、という言葉がありますが、まさに1月6日の夜はこんこんと降って、当初5センチと言われていた雪が10センチ近くにもなりました。
昭和20~30年代はもっと寒くて、東京でも雪が降りました。そんな雪の頃には女の子であれば“雪うさぎ”を作ったりしたものです。お盆に積もった雪のきれいな部分の雪をお盆に盛って、形をつくり葉っぱの耳、南天の赤い実で目を作り、楽しんだのでした。

冬の居間には大きな火鉢や炬燵で暖をとりました。庭にでれば、落ち葉を集めてたき火をして、時にはたき火の中にさつまいもを入れてやきいもを作ったり。今ではたき火も火鉢も都会では見ることができなくなりました。


2.童話の主人公
きいちは戦後ぬりえを始める前に絵本作家になりたいと絵本を何冊か作っています。そのせいでしょうか、ぬりえの中に、絵本的に物語のぬりえを作っています。「シンデレラ」「おやゆび姫」
「しらゆき姫」「かぐや姫」「桃太郎」「おやゆびトム」等など。
 ぬりえの主人公は女の子がほとんどですが、桃太郎、おやゆびトムやピーターパン等男の子のぬりえも描いています。 アニメ等でディズニーの主人公になれていますが、きいちの描く童話の主人公も可愛いと思いませんか。

Posted: Nurie : 22年02月15日 | | コメント (0)



2月19日(土)より開館いたします。

カテゴリ:[トピックス]

臨時休館によりご来館を予定されていた皆さまにはご迷惑をおかけいたしましたが、19日(土)より開館をいたします。

2月までの開館時間は、11時~5時(最終入館4時半)ですが、3月より夏時間となり、12時~6時(最終入館5時半)になります。

オミクロン株の感染は続いておりますので、皆様方には体調に充分気を付けられてお過ごしください。

Posted: Nurie : 22年02月15日 | | コメント (0)



新型コロナの感染拡大を受けしばらく臨時休館します。

カテゴリ:[トピックス]

新型コロナの感染拡大を受け2月5日(土)から2月13日(日)まで臨時休館いたします。今後の状況により上記の予定が変更となる場合もございます。なお、ご来館を予定されていた皆さまには大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解いただけるよう、お願いいたします

Posted: Ziromin : 22年02月03日 | | コメント (0)



1月の美術館便り(1)

カテゴリ:[美術館だより]

新年明けましておめでとうございます。 昨年は何度が休館を余儀なくされた時期がございました。難しい環境ではございますが、少しでも開館でき、展示を楽しんでいただける時間が続きますよう、心から願っています。今年もご来館をお待ちしています。


毎年秋の恒例となっております「ぬりえコンテスト」、昨年10月に開催し、第12回目を数えることになり、104作品が集まりました。 応募をいただきました皆様がたには心より御礼をお申し上げます。
優秀作品、ならびに次点作品は12月4日(土)よりぬりえ美術館のホームページにて公開をしておりますので、是非ご覧いただけましたら幸いです。又昨年はぬりえコンテストを告知しております東京新聞には優秀作品を掲載してご紹介をいたしました。


応募をいただきました方のコメントから、“子どもの頃のぬりえの思い出”ならびに“コンテストの感想”をいくつかご紹介をさせていただきます。


京都市 秋葉洋子様 70代
■子どもの頃のぬりえの思い出
・幼少のころ、10円のおこづかいを握りしめ、駄菓子屋さんの天井からぶら下げられていた「ぬりえ」を買っていたのを思い出します。確か、5枚セットになったものだったと記憶しています。自宅から幼稚園が遠く、通うことができず、ぬりえをして時間を過ごしていた思い出があります。


●コンテストの感想
・久しぶりに「ぬりえ」を楽しみました。わかりにくいと思いますが、背景をグラデーションにしてみたり、ドレスを華やかな色で採色してみたりと、自分なりに工夫してみました。新聞に掲載されていたものをコピーしましたので、裏文字が映ってしまいっていて残念です。でもがんばって完成させました。
コロナが落ち着いたら、「ぬりえ美術館」を訪問したいと思います。きいちが描く女の子は、今みてもかわいいですね。

東京都 本多晶様 80代
■子どもの頃のぬりえの思い出
・はるか遠い昔(きいちのぬりえ)はまるで夢の世界でした。仲良しのお友達とお互いに足りないクレヨンを貸し合いながら、それはていねいに仕上げましたネ。出来上がったぬりえをカベに並べておやつを頂きながら眺めた幸一杯の時代でした。その時代のお友達も一人を残して皆お先に旅立って行かれて・・・


●コンテストの感想
・コンテストの記事を目にしまして、87才になった記念に天国の幼友だちを思って勇気を出して参加させて頂くことに致しました。



Posted: Nurie : 22年01月08日 | | コメント (0)



1月の美術館ニュース(2)

カテゴリ:[美術館ニュース]

ぬりえのあれ、これ No.1


2022年は、ぬりえの出版物の中からぬりえに関する「あれ、これ」をご紹介いたします。


「タイのぬりえ」 ~小学館スクウェア 「ぬりえ文化」より~
日本だけでなく、フランスやアメリカにぬりえがあるように、世界中にぬりえがある。
なかでもタイのぬりえにはオリジナリティーがあり、興味をそそられた。
そこで、タイの知人を通じて、2002年12月にひとりの画家を紹介され、その後も2003年、2004年と連続してタイに行き、この画家とぬりえを出版している企業からタイのぬりえ事情を聞くことができた。


タイのぬりえの発祥は、ラーマ5世(在位1868~1910)の時代に、出版技術が開発され、新聞が発行されるようになり、この新聞の中に描かれたイラストがぬりえの始まりといわれている。いわゆる風刺漫画、ポンチ絵からと思われる。
 ラーマ5世は、在位期間が明治天皇とほぼ同時代であり、日本のぬりえの発祥も明治時代であるから、国は違えど同じ頃に誕生していることになる。偶然かも知れないが同じタイミングということが興味深い。


タイにおいて、ぬりえ作家といわれている人は、新聞にイラストを描き始めたヘーム・ウェチャコン氏で、1903年生まれであるから、ちょうど2003年が生誕100年でそれを記念した本も出版されていた。ぬりえ作家といわれるのは、「タイではこの人ただひとり」との出版社見解である。



Posted: Nurie : 22年01月08日 | | コメント (0)



1月の美術館ニュース(1)

カテゴリ:[美術館ニュース]

新しい年の始まり。感染防止を続けなければならない世の中ではありますが、前向きな気持ちを忘れずに前に進んでいきたいと思います。ぬりえ美術館は今年8月に開館20周年を迎えます。


ぬりえのこころ -今月の一枚-
 

館内に入ってスグ目に留まるぬりえは、その時々の季節のものやテーマを設けて月毎に展示しています。こ
のコーナーでは、月替わりのエントランスのぬりえから1枚を選んでご紹介します。

 
   
jp002067x-640.jpgタイトル:まりつき
作  者:きいち
年  代:昭和30年代

1月のエントランスは、「お正月は何して遊ぶと題しまして、お正月の遊びのぬりえを展示しています。
 

お正月は、子どもにとって最大のイベントで楽しみな時でした。新年の服、お正月のご馳走、お正月のお祭り、そしてお年玉等など。

唄にも「もういつく寝るとお正月、お正月には凧あげて、独楽を回して遊びましょう。早く来い、来い、お正月」とあり、全くその通りでした。


お正月というと、羽根つき、まりつき、双六、福笑い、百人一首、かるた等があり、毎年それらの同じ遊びをしていたように思います。 
独楽や凧揚げは男の子がするもので、女の子は余りしませんでした。凧を買って、揚げてみましたがあまり上手に高く上げられず難しかったことを思い出します。

Posted: Nurie : 22年01月08日 | | コメント (0)



2022年本日8日(土)より開館いたします。

カテゴリ:[トピックス]

2022年度は8月開館20周年を迎える年になります。今年もきいちにぬりえと共に喜一が晩年に描いた絹本を展示いたします。開館日時は2月まで、土曜・日曜日の11時~5時までです。お待ちしています。

Posted: Nurie : 22年01月08日 | | コメント (0)



新年明けましておめでとうございます

カテゴリ:[トピックス]

オミクロン株が心配されますが、従来通りの感染予防を心掛け、今年も明るく元気に過ごしていきましょう。

新年は8日(土)より、開館いたします。皆様のご来館をお待ちしています。

Posted: Nurie : 22年01月01日 | | コメント (0)



今年もご来館を頂き、ありがとうございました。

カテゴリ:[トピックス]

コロナの感染防止のために、何回か休館をした2021年も、本日で営業終了です。来年は開館20周年を迎える年となります。どうか穏やかで、楽しい時間を持てる年となりますよう願っています。

どうぞ良いお年をお迎えください。新年は8日(土)より開館をいたします。

Posted: Nurie : 21年12月26日 | | コメント (0)



カテゴリー

最近のエントリー

月別アーカイブ

エントリーの検索

ぬりえのお店やさん ぬりえのアルバム 最新ぬりえギャラリー 海外のぬりえ研究室
Page Topへ